言葉にする

ジュニアアスリート育成スクール 奈良校いつも大事にしていることがあります。

【やったことを言葉にする】

その時にからだで起きていたことを、自分自身のものとして知っていくために、言葉に出す。

「むずかしい言葉でなくていいんやで!やってみて思ったこと、感じたことを言ってみ!」

今日もたくさんの言葉で色々と教えてくれました。

ということで暑〜い体育館の中スタート!!!

自分たちで行ける距離を設定しました!

U-9クラスの方が

「はしっこまで〜」

長い距離にチャレンジしてくれました。

全員やりきりました。すごいな〜。

「腰にきた」

って言う選手もいたな。なんで腰にきたんやろ?どうすれば腰にこないんだろう?

『速くなる!!!』

色々な刺激を体験してみる。

その後は、いつもどおりしっかり走りました!!!動画が少なくてごめん!!!

U-12の皆んなにも自分たちで距離を・・・

「半分までで」

そこからは皆んなの苦手?な後ろへの刺激をいれていきました。

「後ろには目がないからからむずかしい」

「進みにくい〜」

見つけていけよ〜〜〜!!!

『速くなるを感じる』

感じるためにまずは・・・

やる!!!

いいね〜

途中でいい感じに自分たちでああだこうだ言いながら、面白いと言って何本も走りまくってました!!!

さあ、いつもと同じことをやる!!!

あれ???ハードルの時にいつもより!?!?

最後、みんなが言葉にだしたことこそが自分たちに必要なことやぞ!

クールダウンしながらあれこれ意見交換をして終わり!

次に繋げていこう!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 SWIMBY Inc.